パリで、またあした

主にアメリカとフランスでふらふらしています。

アメリカでブラジリアンワックス : メリットとデメリット

随分前になるのですが、

ブラジリアンワックスをアメリカのサロンで試してみたので、

備忘録として残しておこうと思います。

 

 

欧米では男女ともに身嗜みとしてアンダーヘアを処理している方が大多数。

 

 

一般的にアジア人等の有色人種はアンダーが黒ずみやすく、

見慣れていない白人だとびっくりされることがあると聞くので、

サロンでは黒人のお姉さん指名で施術してもらいました。

 

担当してくれたお姉さんは気さくでとても手際が良くて快適。

 

あっという間に終わる感じで施術中の痛みも一瞬ですし

耐えられないほどではありません。

 

ただ私はもともと肌が弱めだからか、

施術後から半日〜1日くらいは赤みが出て少し熱を持った感じになってしまいました。

 

 

それ自体は一時的なものなので良かったのですが、

困ったのは施術暫くして埋没毛が出来てしまったこと。

 

 

結論としては、

術後の快適さが抜群で気持ち的にはリピートしたいところなのですが

肌が弱い方には刺激が強すぎるので控えた方が良いかも、

というところです。

 

 

もちろん施術者やワックスの種類による差も多少あると思うので、

もし肌に優しげで興味を惹かれるところを見つけたら

またチャレンジしてみるかもしれません。

 

 

<メリット>

  • とにかく術後のアンダーが快適
  • 施術頻度が低くて済む
  • 下着・水着をより楽しめる

 

<デメリット>

  • 施術時の痛み
  • 術後の赤み・腫れの可能性
  • 埋没毛になるリスク
  • 肌への刺激が強い

 

 

f:id:chic36:20161206023816j:plain