パリで、またあした

人生の半分以上は海外

Ménagerie le Zoo du Jardin des Plantes : 賢くパリ観光!割引料金でパリの動物園へ

パリ市内には、二つの動物園があります。

 

ひとつは、

パリ5区のパリ植物園内にある

Ménagerie le Zoo du Jardin des Plantes(パリ植物園付属動物園)

もうひとつは、

パリ12区のヴァンセンヌの森に隣接する

Parc zoologique de Paris(パリ動物園)

 

 

毎日晴天ですっかり夏模様のパリで、

パリ植物園付属動物園・メナジェリーへ行ってきました。

 

 

f:id:chic36:20180713005721j:plain

 

 

ここは1794年に造られた

世界で二番目に古い動物園

 

もともとは学術研究のために造られたもので

絶滅危惧種の保存や研究を目的とした動物園です。

 

そのため

動物園の目玉となるような

キリンや象といった大型動物

はいませんが

 

日本の動物園のように

人でごった返しているということもなく

どの動物たちも

ゆったりのんびり

暮らしていて

気に入った動物の前を独り占め!

も簡単にできてしまいます。

 

 

f:id:chic36:20180710230340j:plain

無防備な姿で寝る

マングースたち。。。

 

 

f:id:chic36:20180710230239j:plain

オランウータンは

子供がじっと見つめると

べっと舌を出しておどけてみせたり

仕草が本当に人間のよう!

 

 

f:id:chic36:20180710230053j:plain

ひたすら寝ていたレッサーパンダ

レッサーパンダは夜行性なので

彼らにとって

昼間はお休みの時間なのですね。

 

 

 

  

 

 

日本の動物園だと

動物たちのショーなどを売りにしているとこもありますが

ここでは

絶滅危惧種の動物たちの繁殖に成功したら

のちのち野生に返して絶滅を食い止めようという意図もあり

動物たちにとって不自然なことは教えないそうです。

 

 

また、3ヶ月未満に訪れた

 同植物園内の他の博物館や

人類博物館または

もうひとつのパリ動物園

のチケットを持参していけば、

割引料金で入場できます。

 

 

園内には

ピクニックができるテーブルも

ところどころに設置されているので

晴れた日の週末に

サンドイッチを持って

動物たちとのんびりしたときを過ごすのも

素敵です。

 

 

 

園内でのんびり過ごす動物たちの姿が見れます。

youtu.be

 

 Ménagerie le Zoo du Jardin des Plantes(パリ植物園付属動物園)

www.zoodujardindesplantes.fr


 

住所:57 Rue Cuvier, 75005 Paris

最寄り駅:Gare d’Austerlitz(ガール・ドステルリッツ)駅、Jussieu(ジュシュー)駅

開園時間:9時~18時(平日)、9時~18時半(日曜祝日)

料金:13€(割引料金10€)