パリで、またあした

人生の半分以上は海外

Yes To Shampoo : アメリカの硬水事情とおすすめシャンプー

一般的にアメリカの水は硬水だと言われることが多いのですが、

実際には地域によって大きく異なります。

 

日本より軟水の地域もあれば超硬水と分類される地域も。

 

 

アメリカ全土の硬水度を表した地図>

f:id:chic36:20180813231213g:plain

(オレンジが濃い地域ほど硬水度が高いです。

中西部は濃いオレンジですが

西海岸や東海岸、フロリダ北部あたりは

色が薄く硬水度が高くない地域ですね。)

 

 

 

確かに、海も川もない陸続きの州に住んでいたときは

髪がパサパサになりがちでしたが、

多くの湖に囲まれた今の州に移ってからは

特にトラブルは感じていません。

 

 

硬水と言われる地域でも、

ヨーロッパほど硬水度が高いところはないため、

日本人にとっても比較的過ごしやすいのではと思います。

 

 

f:id:chic36:20180712175732j:plain

 

 

アメリカに初めてきた頃は、

化粧品やシャンプーリンスなどは

日本製品のほうが良いはず

と信じて疑いませんでしたが、

長く住んでみて気付いたことは、

オーガニックや自然派志向の商品

アメリカのほうが充実しているということ。

 

 

Yes Toのシャンプーは、

数年前に見つけてからもうずっとリピートし続けて溺愛しているもの。

 

98%がナチュラル成分で出来ていて

髪に優しいうえに使い心地もとても良いです。

 

 

以前はオレンジ色のパッケージの

人参バージョンを使用していたのですが、

カラーリングやパーマで傷んだ髪には

このココナッツバージョンを使うと

しっとりサラサラになります。

 

 

f:id:chic36:20161124033901j:plain

 

国内外問わず旅行に行く際もこれだけは必ず持参するくらい

お気に入りです。

 

 

 

アメリカの大型スーパー

WalmartウォルマートTarget(ターゲット)

などで簡単に手に入るので

 

もしアメリカで

シャンプー難民になってしまっている方がいれば

是非試してみてください。